通信制高校から就職をする際には

学業以外に特殊な技能を身につけておくのもよい方法

その大変さを乗り越えたうえで進学できれば、それが面接の際に強いアピールポイントにもなります。
そして進学を考えていないのであれば、学業以外に特殊な技能を身につけておくのもよい方法です。
具体的には資格の取得があげられるでしょう。
高校生でも取得可能な資格としては、簿記検定やマイクロソフトオフィススペシャリスト、秘書技能検定やインテリアコーディネーターなど様々なものがあげられます。
さらには公認会計士の資格や気象予報士なども、挑戦することができます。
公認会計士は大学生や社会人でも取得が難しい試験ですが、仮に取得できた場合には、将来的には大きく役立つことでしょう。
資格を取得したからといって、すぐに働き口が決まるわけではありません。
しかし面接の際には早い段階でこれらの資格を取得することで、どうしてもこの資格が取得したいので、先に勉強しておいたというように大きくアピールできることになります。
またアルバイトとは異なり正社員として採用してもらうためにも、さまざまな戦略を練り、会社選びや採用試験に臨む必要が出てきます。
これには自分の力ももちろん必要ですが、相応のノウハウが必要となります。
会社選びだけではなく、履歴書の正しい書き方や面接の際の服装や言葉遣い、受け答えの方法などを身につけておかなければなりません。
学校の多くにはこれらのサポートをしてくれる体制が整っているところが多いですが、一部の通信制の高校の場合には、このような存在そのものがないケースも多く見られます。

「薬剤師の転職検索で迷ったらココが一番!」薬剤師の転職について説明していきます。
https://t.co/GF9td21nkw pic.twitter.com/jLsj8ZnnL7

— eharaya2 (@eharaya2) 2019年6月9日

通信制高校を卒業した後の進路学業以外に特殊な技能を身につけておくのもよい方法一番大切なことは、早い段階で自分がやりたい仕事を見定めること