ビットコインの購入方法や買い方|初心者にも分かりやすく解説

仮想通貨であるビットコインに興味を持ち始めている人は、年齢や性別に関係なく増えています。

そんな人はビットコインに関するニュースなどを目にする度、期待と不安で胸いっぱいになっていることでしょう。

ここでは、初心者でも簡単にできる購入方法や買い方を解説していきます。

そもそもビットコインとは|仮想通貨ってなに?

そもそもビットコインとは何なのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

ビットコインは仮想通貨やデジタル通貨だけでなく、国際通貨や暗号通貨でもあります。

実際に手元に紙幣や硬貨として手に入るものではなく、インターネット上で管理する通貨です。

ビットコインは目にすることができない、バーチャルな通貨として考えましょう。

最近はビックカメラやDMMなど、ビットコインで支払いできる世の中になってきていますが、物を購入するよりもお金を増やす目的で購入している人がほとんどです。

ビットコインの購入方法や買い方

ビットコインの世界に足を踏み入れるためには、少額でも購入する必要があります。

ビットコインを購入する方法は、大きく分けて4つです。

  • 取引所や販売所を利用して購入する
  • OTC取引を利用して購入する
  • ビットコインATMで購入する
  • クレジットカードで購入する

取引所や販売所を利用して購入する方法が主流

取引所や販売所を利用して購入する方法は、4つの方法の中で一番主流であり簡単です。

取引所や販売所の利用は、ビットコインを扱っている取引所の登録からスタートします。

登録はメールアドレスとパスワードの設定のみで誰でも簡単におこなえ、登録を終えたら住所や氏名、電話番号を入力して運転免許証などの写真をアップロードします。

数日後、郵便物による住所確認ができたら、本人確認の完了です。

銀行振込やコンビニで日本円を入金するか、クレジットカードの利用でビットコインを購入できます。

どっちがおすすめ?取引所と販売所の違い

ビットコインは販売所や取引所で購入するのが主流だと説明しましたが、どちらを利用すればいいのか悩んでしまうと思います。

取引所と販売所には、それぞれメリットやデメリットがあるので、あらかじめ理解したうえで選択するのが重要です。

販売所とは

販売所とは、ビットコインを直接買える場所になります。

販売所が提示している金額でしか売買ができませんが、売買が迅速におこなえ手続きがシンプルで楽に済ませられます。

しかし販売所はビットコインを高く売り、安く買うことで差額を収益にしています。

確実にビットコインを買えるのがメリットではありますが、割高になるデメリットもあるでしょう。

取引所とは

取引所は、ビットコインを個人間で売買する場所です。

ユーザー同士の取引になるため、自分が設定した金額で買う人・売る人がいなければ売買は成立しません。

しかし販売所のように見えない差額を収益にしていないため、割高になることがありません。

割安でビットコインを手に入れられるものの、確実に売買できるとは限らないのがデメリットです。

隠れた手数料で損をしたくないなら取引所を利用しよう!

先ほども紹介したように、販売所と取引所では見えない収益の差があります。

表面上は販売所の手数料が「無料」、取引所の手数料が「0.01%~0.15%」とされているため、比較だけでは販売所のほうが得をするように見えます。

しかし、販売所には目にみえない手数料がかかっています。

見えない手数料ってなに?

たとえば、ゲームソフトを売るときに置き換えて想像してみましょう。

3000円で購入したゲームソフトは、中古ショップで1500円程度で買取をしてもらえます。

しかし買取をした中古ショップは、そのゲームソフトを2000円で販売するでしょう。

中古ショップが500円の利益を得ているように、販売所も見えていない部分で手数料を引いています。

ビットコインにおいては、同様の仕組みを販売所で取り入れていると考えましょう。

さらに取引所をゲームソフトでの売買に置き換えると、メルカリなどのフリマアプリでの販売がイメージしやすいでしょう。

自分が設定した金額でゲームソフトを売り出し、納得した人が購入をします。

多少の手数料はかかるものの、中古ショップよりも高い値段で売れるケースが多いですよね。

隠れた手数料を支払いたくないのであれば、取引所からビットコインを購入するのがおすすめです。

確実に稼ぐためには複数の取引所を利用する

ビットコインは取引所で購入するのがいいと紹介しましたが、ひとつの取引所に依存するのは得策ではありません。

ひとつの取引所だけでお金を増やそうとすると、取引所が閉鎖したときや何かトラブルがあったときに自力で回復できる見込みがありません。

複数の取引所を有効に活用し、バランス良く資金運用をするのが良いのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。