ビットコインの始め方|失敗しない投資方法やリスクについて徹底解説

最近SNSやテレビなどで話題になっている「ビットコイン」に対して、興味を持ち始めている人は多いですよね。

しかしほとんどの人が、ビットコインの始め方がわからないと感じていると思います。

このページでは、初心者でも簡単にわかる「ビットコインの基礎知識」から「ビットコインの始め方」まで紹介しています。

最低でもビットコインの知識は知っておくべき

ビットコインの世界に足を踏み入れたいのであれば、まずは知識をつけるのが優先です。

仮想通貨の売買は株やFXのような投資の一種になるため、もちろんリスクは付き物です。

しかしリスクに恐れて手を出さないまま時が過ぎていけば、きっとあの時ビットコインを購入しておけばよかったと後悔します。

まずはビットコインの売買にどのようなリスクがあり、今後資産を運用し続けられるのか検討してみましょう。

ビットコインを始めるときに必要なものは?

ビットコインを始めるときには、あらかじめ下記の3つを準備しておく必要があります。

  • インターネット環境が整っているスマートフォンやパソコン
  • 購入するための資金
  • 管理するウェレット(口座)

ビットコインなどの仮想通貨は全てインターネット上で売買するため、常にインターネット環境が整っている必要があります。

もちろんビットコインは事前に資金を投資しないと始められないため、あらかじめ資金は準備しておきましょう。

しかし上記の2つに関しては、何もしなくても準備ができている人がほとんどですよね。

ここまで準備ができれば、あとは仮想通貨取引所で自分だけのウォレット(口座)を開設するだけです。

仮想通貨取引所の選び方|どの取引所がおすすめ?

ビットコインを始める際、どの仮想通貨取引所で口座を開設すればいいのか、悩んでしまう人がほとんどではないでしょうか。

現実世界でいえば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行など、仮想通貨も口座開設する場所によってメリットやデメリットがあります。

現在日本では、コインチェック・ビットフライヤー・ザイフの3社が取引所の中でも人気です。

機会を逃さないために複数の取引所で口座開設するのがベスト!

ビットコインの売買において取引所での口座開設は必須の作業ですが、あらかじめ複数の取引所で口座開設をしておくのがおすすめです。

どの取引所にもメリットやデメリットがありますが、他の取引所で口座を開設していれば解決できるものが多く、一つの取引所に依存するほうがリスクが高い傾向があります。

同じビットコインでも他の取引所で保有していたら利益が出ていた、なんてケースもあります。

どの取引所も口座開設にかかる費用は無料なので、とりあえず人気のある3社で口座を開設しておくのが得策です。

ビットコインを購入する取引所で口座を開設する方法

ビットコインを購入したいのであれば、取引所で口座を開設する必要があります。

取引所の種類は数多くありますが、どの取引所でも5〜10分程度で手続きを済ませられるだけでなく、クレジットカードのような特別な審査もありません。

名前や住所などの個人情報を入力し、本人確認ができる書類の写真をアップロードするだけで口座開設ができるので、早めに口座開設だけでも済ましておくと安心です。

口座開設ができたら実際に売買をしてみる

取引所で口座開設を済ませたら、ついにビットコインの売買がスタートします。

ビットコインの売買に関する仕組みを知るのであれば、まずは少額でも実際に売買をするのがおすすめです。

ビットコインを買ってみる

ビットコインの購入は、日本円を入金するところからスタートです。

銀行振込やクイック入金、コンビニ入金などが可能ですが、それぞれ手数料が違うため気をつけましょう。

クレジットカード決済の選択もできますが、手数料が売買する金額によって変動するため高額になるケースが多く、避けるのが無難です。

入金が完了したら、ついにビットコインの購入です。

ビットコインを売ってみる

ビットコインの売却は、購入したとき変わらない手順でできます。

自分が購入した金額よりも相場が高いと感じたら、思い切って売ってしまいましょう。

売るときは、最終取引価格よりも高すぎる金額にしないのがコツです。

ビットコインで得た利益には税金がかかるため要注意!

ビットコインの売買方法を紹介してきましたが、仮想通貨は利益が確定した時点で税金が発生します。

仮想のお金だから税金がかからないと思ってしまいがちですが、株やFXでも確定申告できちんと申告する必要があります。

ビットコインで得た利益は所得として扱われるため、申告する義務があるので気を付けましょう。

SNSでもご購読できます。